仲人を立てない略式結納|結納・食事会なら結婚賛歌ナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. プロポーズ・婚約・結納
  4. > 仲人を立てない略式結納
仲人を立てない略式結納|結納・食事会なら結婚賛歌ナビ 

最近は略式結納が人気

最近は略式結納が人気

略式結納とは、仲人を立てない身内だけで行う結納の事。男性側の父親が進行役を行うことが多いですが、ホテルや専門式場ではスタッフが進行役になることもあります。
大体結納式が20分、その後の両家の会食は2~3時間が平均的です。

略式結納の服装は男性はスーツ、女性は振り袖、和装やフォーマルワンピース

略式結納の服装は男性はスーツ、女性は振り袖、和装やフォーマルワンピース

略式結納の服装は男性はブラックかダークなスーツ、女性は和装なら振り袖、訪問着や付け下げなどで。洋装なら、フォーマルワンピースで清楚できちんとした印象の服装を用意しましょう。
また、大切なのが両家の服装の雰囲気を合わせること。男性と女性側で服装の雰囲気が違う…という事態は避けたいので、事前に両家が何を着ていくかお互いの親に確認して共有しておくとよいでしょう。

略式結納の流れ

略式結納の流れ

略式結納の流れ
①まず、男性の父親が挨拶し一同が礼をします。
「このたびは、〇〇様と私どもの○○に素晴らしいご縁を頂戴しありがとうございます。略式ではございますが結納を納めさせて頂きます」と挨拶します。

②男性側の結納品を女性側に納めます
「○○からの結納の品です。幾久しくお納め下さい」

③女性側が目録を改めます。
「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

④女性側の受書を男性に渡します。
女性側の母親が結納品を上座に飾り受書を男性本人の前に運びます。

⑤女性側の結納品を男性側に納めます。
「〇〇からの結納の品でございます」

⑥男性側が目録を改めます。
「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

⑦男性側の受書を女性側に渡します。
「○○からの受書でございます。幾久しくお納め下さい」

⑧結びの挨拶
全員が起立して最初に男性側の父親、次に女性側の父親が挨拶します。
男性側の父親「本日は誠にありがとうございました。」
女性側の父親「こちらこそお世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。」

 

結納の実施会場

結納の実施会場

金沢での結納の実施会場は、料亭が全体の4分の1を占めています。
女性の家、ホテル、レストラン、結婚式場、男性の家の順で行われています。最近はそれぞれの自宅で行われるより、個室のある格式のある料亭や式場、ホテル、レストランなどで行われる傾向が強いようです。会場によっては結納に必要な品を全て用意してくれるところもあるので、問い合わせてみましょう。