和装の種類|結婚式衣装なら結婚賛歌ナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 結婚前の基礎知識
  4. > 和装の種類
和装の種類|結婚式衣装なら結婚賛歌ナビ 

和装結婚式~衣装の豆知識

和装結婚式~衣装の豆知識

白無垢で式を挙げて、披露宴前に色打掛にお色直しするのが、和装の結婚式のオーソドックスな流れ。これは白無垢から色のついた衣服に着替え、婚家の家風に染まるという意味合いが込められている。

また花嫁の純真な気持ちを表すという説もあるよう。お支度が面倒で和装を敬遠するなら、その点は心配ない。まずは、花嫁御寮へのお支度そのものを楽しんでみるのはどうだろうか。結婚式に着物を着た人が口をそろえて「気持ちがひきしまった」「結婚の実感が生まれた」とコメントするのには、きっと、それなりの理由があるはず。

手軽に和を楽しむために、洋髪に合わせたりとアレンジも幅広い。白無垢から色打掛のお色直しは、掛下はそのままで文字通り打掛を替えるだけだから、見た目より簡単で合理的な衣裳とも言える。小物やヘアメイク、着物の柄まで、こだわったこだわっただけ楽しい和の花嫁。その姿にも心惹かれる。

白無垢

白無垢

花嫁にふさわしい清楚で厳かな雰囲気。白色は花嫁の清純無垢な清らかさを表し、「これからどんな色に染まる」という決意がこめられている。打掛、掛下、帯から扇子などの小物に至るまで、全て白で統一して着る、伝統的な婚礼衣裳。神前式の他、仏前式でも白無垢を着る。

色打掛

色打掛

白以外の打掛のこと。金や銀、朱など華やかな色を混合させたものは、晴れ日にふさわしい装い。仏壇参りなど家から式場まで色打掛で、式は白無垢、また披露宴は色打掛でゲストをお出迎えするのが一般的。正式な式服として使用できる。

引き振袖(ひきふりそで)

引き振袖(ひきふりそで)

花嫁の間で今一番憧れの衣裳。大正時代にも今と同じく大流行したと言われているこのスタイルは、振袖のすそを長めに、色打掛のように引きずって着るもの。伝統的なしきたりをふまえた衣裳でありながら、この着くずし方がおしゃれと、新鮮な感覚で捉えられている。黒地の振袖が定番人気。