定番のウェディングアイテム|ウェディングアイテムなら結婚SANKAナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 披露宴の演出・プログラム
  4. > 定番のウェディングアイテムとは
定番のウェディングアイテム|ウェディングアイテムなら結婚SANKAナビ 

更新日:2016年04月21日

結婚式の定番アイテムを知ろう

結婚式の定番アイテムを知ろう

結婚式に関するアイテムは、招待状からウエルカムボード、引出物までさまざま。
その中から、ふたりにとって必要なものは何かを考えて準備しよう。
アイテムによってはプランに含まれていたり、会場が用意してくれる場合もあるので確認を。
こだわり派なら、自分のセンスでお気に入りを探したり、手作りをしてみても。

ペーパーアイテム

ペーパーアイテム

ペーパーアイテムには、招待状をはじめ、ゲストの座席を案内する席次表、卓上に並ぶ名前入りの席札、料理を紹介するメニュー表、ふたりの生い立ちが書かれたプロフィールブックなどがある。ただ内容を知らせるのではなく、結婚式のイメージが伝わるようなデザインに統一するとグッド。

リングピロー

リングピロー

結婚指輪は、永遠に続く円を象るふたりの愛の証。それを互いの薬指へと通す感動の瞬間まで収めておくためのクッション。教会式ではもちろん神前式や人前式でも“指輪の交換”を取り入れるカップルが多く、リングピローの種類も和柄など多彩に揃っている。

サムシングフォー

サムシングフォー

英国に古くから伝わる幸せのフレーズ。「何か古いもの」「何か新しいもの」「何か借りたもの」「何か青いもの」の4つを身に付けた花嫁は幸福になれるという。聖母マリアのシンボルカラーでもあるブルーは、小物にあしらったり、ブレスレットやコサージュにして純白のドレスのワンポイントに。

芳名帳

芳名帳

受付でゲストに名前や住所を書いてもらうための冊子。カード式のものは、招待状に同封して当日集めるだけなので、受け付けがスムーズに。本人の直筆が残るので、記念品として取っておくカップルも多いよう。ペンスタンドと合せて受付まわりをコーディネートしてみても素敵。

ウエルカムボード

ウエルカムボード

会場の入り口に立てるウエルカムボードは、単に案内版としての役割だけでなく、ゲストに結婚式のテーマを伝えたり、楽しいウエディングを予感させたりと大活躍。ふたりの名前のほかにも、似顔絵や写真を飾って、楽しめるよう工夫するのも◎。式後は新居のインテリアに。

ウエルカムアニマル

ウエルカムアニマル

新郎新婦に代わってゲストを迎えてくれるマスコットやオブジェたち。ふたりらしさを表現しやすいアイテムなので、飼っているペットや干支にちなんだもの、似ている動物などを選んでみても。初心者向けのキットもあるので、ハンドメイドでおもてなしの気持ちを表してみては。

プチギフト

プチギフト

新郎新婦が一人ひとりにお礼を伝え、見送る際に手渡す小さな贈り物。これには“幸せのお裾分け”の意味が込められているので、ゲストがうれしくなるようなギフトを選びたいもの。ドラジェなどのミニスイーツや小粒のせんべい、気の効いた口直し用のガムなど、アイテムの種類は豊富。

サンクスギフト

サンクスギフト

新郎新婦の手から両親へ渡すプレゼント。生まれた時の体重を再現したウエイトベアや花束のほかにも、家族の似顔絵や名前入りのグラス、ありがとうの気持ちが書かれたメッセージボードなど、素敵なアイテムが増えている。

 

引出物

引出物

日本独自の習慣である引出物は、ゲストへ感謝の気持ちを伝えるお土産としても、結婚式の記念品としても大切なもの。誰にでも使ってもらえるよう食器類を渡すことが多かったが、最近では貰った人が好きなものをチョイスできるカタログギフトにも人気が集まっている。

ラッピングにもひと工夫を!

ラッピングにもひと工夫を!

貰った人の印象というのはラッピングでぐっと変わるもの。自分でプレゼントを用意するなら、包装にもちょっとしたアレンジを加えてみよう。結婚式のテーマカラーに合う包装紙にしたり、和小物は風呂敷で包んだり。リボンの代わりにシュシュで結び、使用後はヘアアイテムとして使えるアイデア商品などを利用してみても。