挙式スタイルの基礎知識|結婚準備なら結婚SANKAナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 結婚前の基礎知識
  4. > 挙式スタイルの基礎知識
挙式スタイルの基礎知識|結婚準備なら結婚SANKAナビ 

挙式スタイルによって、誓いを立てる相手が変わります

挙式スタイルによって、誓いを立てる相手が変わります

結婚式は、挙式スタイルによって、誓いを立てる相手が変わってきます。やみくもに結婚式会場や披露宴会場を探す前に、自分がどの挙式スタイルで結婚を誓いたいか、ということから考えてみましょう。会場を探すとき、希望の挙式ができるかどうか、絞り込むことができます!

チャペル(教会式)結婚式

チャペル(教会式)結婚式

近年、もっとも人気の高い挙式スタイル。本来キリスト教式は、信者のための結婚儀式。よって当然のごとくイエス・キリスト=神に誓う。進行はプロテスタントなら牧師、カトリックなら神父が進行してくれる。

神前式

神前式

神社や神殿で行われる、日本独自のスタイル。その神社に祀られている神様に結婚を誓うことになる。どんな神様が祀られているのか、気になる神社や会場に聞いてみるのもおすすめ。宮司さんが進行。巫女の舞や雅楽演奏など、本格的な儀式も。

人前式

人前式

宗教にとらわれることなく、列席者全員が結婚の承認となるスタイル。式次第(挙式の流れ)に特に決まりはなく、自由に好きな儀式を取り入れてもOK。進行役に司会者を立てるカップルも多い。

仏前挙式/自宅挙式

仏前挙式/自宅挙式

仏前挙式
仏教の教えに基づいた結婚の儀式。挙式は新郎の菩提寺かそのご本尊、自宅の仏壇の前でも行える。僧侶が司会者となる。列席者は全員、数珠を持参。

自宅挙式
日本古来の挙式のカタチ。会場は新郎の自宅で、床の間のある部屋で、親族が集まり行われる。三三九度や親子固めの儀式などがある。人前式の一つのスタイルとも言える。