結婚費用節約のこつ|結婚費用なら結婚SANKAナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 結婚にかかるお金
  4. > 結婚費用節約のこつ
結婚費用節約のこつ|結婚費用なら結婚SANKAナビ 

会場が提案するプランを使って費用を抑える

会場が提案するプランを使って費用を抑える

「結婚式はお金がかかる」。確かに会場に支払う金額は決して安くはないですが、全て二人が負担しなければというわけでもありません。ゲストからのご祝儀を忘れがち。つまり結婚式にかかる費用は、ご祝儀の総額と二人の負担金で支払うことになります(予約金は前払い、残りをいつ払うかは契約前に会場に確認を)。とはいえ、大切なご祝儀や二人の資金をできるだけ、賢く使うためにも注目すべきは、会場が提案するプラン。二人にとって納得のお得プランを見つけることが、費用をスマートにする一番の近道です!

結婚式にかかる費用は300万円

結婚式にかかる費用は300万円

ゲストそれぞれに料理や引出物を用意したり、挙式料や衣裳代など結婚式は確かにお金がかかる。けれども、その分、日頃の感謝を伝えられると共に、一度に結婚の報告ができたりメリットも大きい。そして二人にとってもお互いの家族にとっても絆が深まる大切な儀式。

ご祝儀の総額は210万円

ご祝儀の総額は210万円

ご祝儀の内訳
親戚8組×10万円 +
兄弟姉妹4人×5万円 +
上司(来賓)2人×5万円 +
同僚・友人32人×3万円
= total 210万円

【結婚式にかかる費用300万】-【ご祝儀の総額210万円】=【二人の負担額90万円】

※ご祝儀はゲストによって様々、地域や家ごとにもことなるので親戚などは親に聞いたり、友人や同僚は自分が結婚式に出席した額で計算してみよう。

※結婚費用節約ポイント
結婚式の費用の大部分が会場の支払い。そこを抑えれば、二人の負担額も減少。だからお得なプランを見つけて、費用をスマートにしよう。

特典やプランを賢く利用しよう

特典やプランを賢く利用しよう

プランとは、カップルのニーズに合わせて結婚式に必要なものを揃えてセットにしたもの。最低限揃っているものから、内容充実なもの、嬉しい特典や割引サービスが付いているものなど、いろいろある。どんなプランがあって、そのプランの条件やプラン料金、それと何が含まれているか特典内容を確認してお得なプランを見つけよう!

仏滅プランはお得!

仏滅プランはお得!

「六輝」という暦に書かれる吉凶のことで、大安が一番良き日とされ、仏滅がその逆。ほかに、先勝や友引、先負、赤口があります。六輝に関して明確な根拠はないのですが、結婚式のお日柄において大安人気は根強いです。

お日柄としては不人気な仏滅でも、会場としては結婚式をしてほしいというのが本音。お日柄にこだわらないならかなりおすすめです。特典をつけたり、内容充実のプランを提案し、仏滅の結婚式を盛り上げてくれます。お得になった分、おもてなしをもっと重視しよう♪

・大安(たいあん)
六輝の中で最も吉の日とされる。何事においても吉。

・仏滅(ぶつめつ)
六輝の中で最も凶の日とされる。また『物滅』として「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、「大安」よりも物事を始めるには良い日との解釈もある。

冬婚、夏婚などのオフシーズンプランを利用しよう

冬婚、夏婚などのオフシーズンプランを利用しよう

春秋は結婚式のオンシーズン、夏冬はオフシーズンと表現され、旅行と同じようにオフシーズンでは比較的リーズナブルな料金設定のプランを用意している会場が多いもの。
冬婚、夏婚などのオフシーズンプランは季節感も出ていい感じの結婚式を実現できるというメリットもある。

人気のオンシーズンの特に大安の土曜日は1年以上前でも会場は既に予約でいっぱいなんてことも。
その点、オフシーズンは比較的開いている日は多い。但しそれでも大安は人気なので早目の予約が安心。

オンシーズン
春(3月、4月、5月、6月)
新緑や花々が咲く美しい季節。気持ちの良い気候で過ごしやすい。

秋(9月、10月、11月)
10月は、年間で一番雨が少ないとされ、特に人気。

オフシーズン
夏(7月、8月)
暑さが厳しい季節のため、結婚式を挙げるには敬遠されがちなシーズン。

冬(12月、1月、2月)
寒さが厳しく、年末年始は慌ただしいという意見も。

 

夏ウェディングの魅力

夏ウェディングの魅力

夏はワクワクする季節。スイカ割りをする演出やかき氷サーブなどの演出の他、ゲストに短冊に願い事を書いてもらう演出も大好評!
加えて、受付で冷たいおしぼりを用意したり化粧室に油取り紙やペーパータオルを用意すればゲストの満足度もますますアップするはず!

冬ウェディングの魅力

冬ウェディングの魅力

冬はクリスマス、お正月、バレンタインデーをテーマにしたウェディングを楽しむことが出来る。サンタとトナカイで登場するのも楽しいし、おみくじでゲストに運試しを楽しんでもらう演出も好評。デザートタイムにはチョコレートファウンテンを。

受付であたたかいドリンクやスープをふるまったり、ブランケットや使い捨てカイロを用意すればゲストもほんわかした気持ちで結婚式を楽しんでくれるはず。

結婚式会場を早く決めて準備期間をとる!

結婚式会場を早く決めて準備期間をとる!

準備期間が長ければ、節約の可能性も広がります。
また人気の日取りは1年前でも予約でいっぱいなんてことも。希望の日取りがあるなら「早く結婚式会場を決める」は大正解!

・結婚式まで貯金が出来る!
備期間が長い=貯金できる日々も長いということ。二人で貯金計画を立ててみて

・アイテム作りに時間をかけられる!
招待状に、席札、席次表、ウエルカムボードにリングピロー、引出物の袋など自分たちで作ったり、手配してもOK。

・情報収集できて演出もできる!
実際の演出などを、チェックする時間、用意する時間もたっぷり。

・会場によっては特典を用意してくれる!
早く会場を押さえることは、会場にとってもスムーズに案内や今後のスケジュールが立てやすいなど好意的。

結婚費用の節約アイデア

結婚費用の節約アイデア

「メイクは自分でしました」
「人に任せるくらいなら自分で!」と思えるくらい、メイクに自信があれば有効な手段かも。

「会場への前払金、式後の支払いは全てカード。」
カードのポイントが貯まるから賢い! 会場にカードの支払いがOK かどうか、カードの利用限度額などチェックしておこう。

「ウエルカムボードの材料は、全て100円均一で調達。」
いろいろ揃う100円均一。店内を物色しながら、ウエディングアイテムのアイデアも浮かびそう!

「装花や料理など契約前に金額と内容をチェック。」
例えプランに装花がついていても、希望通りにするには追加料金がかかることも。契約前に内容チェックは、大事な節約となる。

「結婚式をした友人や姉からいろいろ借りた!」
友人のウェルカムボードの枠を借りて、二人の名前と日付だけを書き直して飾ったり、お姉さんがフルオーダーしたドレスを着たという花嫁さんも。

「お色直しは、成人式のときの振袖を着ました。」
振袖を持っている人なら検討の余地あり。髪型やメイク、和モダンなブーケを合わせればステキな花嫁の完成。親も喜ぶ!