ブーケに使う花材|ブーケ選びなら結婚SANKAナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. ドレス・ブーケ選び
  4. > ブーケに使う花材
ブーケに使う花材|ブーケ選びなら結婚SANKAナビ 

ブーケに使う花材の種類

ブーケに使う花材の種類

最近は、人気の花なら年中フラワーショップで手に入れることが出来ます。
けれども、花の開花時期を知って結婚式の日にちに合わせてブーケの花材を選んだら結婚式ももっと楽しめるはず!
そこで、ブーケによく使われる花材とその開花時期についてご紹介します。

バラ

バラ

繁栄と愛の象徴のバラは、ブーケの定番。深紅のほか淡いピンクやオレンジ、大きさもいろいろ。6月の誕生花とされているが、年中いろんな種類が手に入るはず。

ひまわり

ひまわり

夏の代表花といえばヒマワリ。実際、花期も7月~9月。大小のヒマワリを組み合わせてもキュート、クラッチブーケにしてもナチュラル。ビタミンカラーは、さわやか!

ユリ(カサブランカ)

ユリ(カサブランカ)

真っ白なユリは、清楚で気品にあふれ、挙式にぴったりということで、ブーケでも人気。キャスケードでまとめられることが多い。ピンクなど淡く色づいたタイプもあり。

カーネーション

カーネーション

ひらひらの花びらがなんとも愛らしい。ピンク、白、グリーンなどカラーが豊富なので、他の花材との組み合わせもしやすい。4月~6月と9月~11月が開花時期。

ガーベラ

ガーベラ

こちらもカラーバリエは豊富。いろんな色のガーベラを組み合わせてもよし、同系色で他の花材でまとめてもステキなブーケに。開花時期は4月~11月と長い。

カラー

カラー

すらりとしたシルエットがとてもエレガント。キャスケードやクラッチブーケがおすすめかも。白のほか、グリーンやワインレッドなど個性的な色も注目。6月~7月が開花時期。

ピンポンマム

ピンポンマム

ピンポン球のように、まんまるのフォルムがかわいい菊の花。和装でブーケを合わせる時はもちろん、ポップなブーケにするときも活躍してくれる。花期は6月から10月。

チューリップ

チューリップ

色、花びらの形など種類は豊富。ピンクでまとめたり、カラフルにまとめたり、バラやガーベラと合わせても。おしゃれなブーケを楽しんで。4月や5月が見頃。

アンスリューム

アンスリューム

南米の花で、ハートのような形が印象的。エキゾチックな雰囲気はもちろん、和のテイストにもしっくりくるので和のブーケにも◎。温度を保てれば1年中開花。

トルコキキョウ

トルコキキョウ

豊富な花色と、八重咲きやフリンジ咲きなどバリエーション豊かな品種。いろいろなアレンジが叶うので他の花材との組み合わせが楽しめる。5~9月が花期。

バラをつかったブーケ

バラをつかったブーケ

色とりどりのバラをつかったブーケ。真っ白なウェディングドレスを可愛く演出してくれそう。花言葉は「愛」「恋」「美」。

チューリップをつかったブーケ

チューリップをつかったブーケ

春を象徴するチューリップ。4月や5月のウェディングにぴったりです。花言葉は「博愛・思いやり」。

ユリ(カサブランカ)をつかったブーケ

ユリ(カサブランカ)をつかったブーケ

ゴージャスに、そして高貴に演出したいならカサブランカ。楚で気品にあふれた花嫁を演出してくれます。花言葉は「永遠の絆」「結合」。

ガーベラをつかったブーケ

ガーベラをつかったブーケ

カラーバリエが豊富なガーベラは、ブーケにしやすいので人気。赤いガーベラの花言葉は「燃える神秘の愛」ピンクのガーベラの花言葉は「熱愛」、黄色のガーベラの花言葉は「究極愛」と色によって花言葉が違うのもステキ。

カーネーションをつかったブーケ

カーネーションをつかったブーケ

親しみやすいカーネーションは、4月~6月と9月~11月の結婚式に。オレンジのカーネーションの花言葉は「愛情」青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」。