海外ウェディング(海外挙式)|ハネムーンなら結婚賛歌ナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 結婚式場選び
  4. > 海外ウェディング(海外挙式)
海外ウェディング(海外挙式)|ハネムーンなら結婚賛歌ナビ 

海外ウェディング(海外挙式)の魅力

海外ウェディング(海外挙式)の魅力

日本とはひと味違う海外ならではの美しいロケーションで挙式が出来る海外ウェディング(海外挙式)。ハネムーンも兼ねられるということで近年人気急上昇です。
二人だけでロマンチックな思い出を作りたいというケース、家族を含め親しい人たちに祝福してもらえる、家族旅行で親孝行できる、などの理由が人気の理由です。

さまざまな挙式スタイルを実現出来る

さまざまな挙式スタイルを実現出来る

挙式スタイルは人前式かキリスト教式が一般的でロケーションは海の見えるチャペル、伝統的な古城、水族館、美術館、テーマパーク、船上ウエディングなど様々なスタイルから選ぶことが出来ます。

海外ウェディングはウェディングプランナーに依頼

海外ウェディングはウェディングプランナーに依頼

海外ウェディングはプランナーに依頼するのが無難
但し海外ウェディングは個人で全てを手配するのはとても大変。行先や国によって事情や準備すべきことも異なります。ウエディング専門のプロデュース会社や旅行会社に手配を頼むと良いでしょう。

どこまで依頼するか明確に

どこまで依頼するか明確に

海外ウェディングは、ハネムーンまで依頼するか披露宴の演出まで依頼するか、依頼範囲をまず二人の間で明確にしておきましょう。そして海外ウェディングのプランナー料金は会社によって様々なので最初にしっかりと確認しておくことも大切です。

海外ウェディングは高い?

海外ウェディングは高い?

海外ウェディングというと予算が高い…というイメージを持つ人も多いですが、ハネムーンを兼ねたり、招待客を双方の家族だけにするなど少人数にすればリーズナブルに済ませることも可能です。プランによっては、日本で披露宴をして海外にハネムーンに行くよりも総額を抑えることも可能です。

人気の海外ウェディング先

人気の海外ウェディング先

1位:ハワイ
まさに海外挙式の王道。
どこまでも続く青い空と海、降りそそぐ太陽 色彩豊かな大自然が魅力。
また、日本は6月というと梅雨の時期にあたりますがハワイは5月~10月が夏季にあたるので「ジューンブライド」を実現したい新郎・新婦にも人気です。永い時を経て受け継がれる豊かな歴史と文化でナチュラルウエディングなど、二人のイメージに合った挙式会場を見つけましょう!

2位:グアム
日本から3時間で行ける好アクセスが人気理由のひとつ。空港から挙式会場の教会や滞在拠点となるホテルへのアクセスにも時間をとりません。
挙式の後のビーチ三昧もいいけれど、グアムにはゆっくり過ぎる眺めのいい場所もたくさんあります。

3位:アジア
美しい海も魅力ですが、贅沢なウエディングがリーズナブルに実現出来るのも理由のひとつ。
異国情緒を漂わせながらも、大都市の洗練された空気を感じさせるシンガポールやマレーシアは最近人気急上昇。楽園というものを実感できる、バリ島で憧れの豪華ホテルやプライベートプール付きヴィラに泊まるプランも人気です。

海外ウェディングのスケジュール

海外ウェディングのスケジュール

海外ウェディングは余裕を持って6か月前から準備を開始して!手配会社は自分たちの希望をかなえてくれそうな会社をいくつかピックアップしましょう。誰かを招待する場合には事前に打診をしてスケジュールの確認をしっかりと。

挙式6か月前

挙式6か月前

両家の親に海外ウェディングを希望していることを相談する
挙式エリア、日程などを決定する
海外ウェディングはプロデュース会社を探す
招待客を決めて、費用負担の概算を出す
招待客に出席してもらえるか電話で話しておく


>「オーダーメイド旅行」はWORLD VACATIONワールドバケーション

挙式3か月前

挙式3か月前

挙式に必要なオプション(ヘアメイク、直前のエステプラン、写真撮影、料理など)を依頼する。
挙式後のパーティの内容を決定する
招待客が決定したら、交通チケット、宿泊先を手配する
近くのレストラン、現地のツアーなどを確認する

挙式1か月前

挙式1か月前

ウェディングドレス、小物を決定してヘアメイクの打ち合わせをする
招待客に連絡をして現地でのスケジュール、観光先を案内する
パスポート・ビザの手配を済ませておく

ハネムーンを兼ねるなら持ち物確認も

ハネムーンを兼ねるなら持ち物確認も

パスポート
引っ越しや結婚式の準備で忙しく「新姓でパスポートの取得が出来なかった」というのはよくあることです。けれども入籍をしたあとでも旧姓のパスポートで旅行は出来ます。
但し、その場合には航空券・保険加入・トラベラーズチェックなどの氏名も旧姓で統一しておきましょう。
また、パスポートの残存期間は必ず確認しましょう。
出発日3~4か月前には準備しましょう。

携帯電話
海外でも使用が出来るように手配しておきましょう。

航空券
パック旅行なら旅行会社が全て手配してくれます。
最近では航空券そのものではなく、eチケットを発行する航空会社がほとんどです。
航空券とホテルのみのパックの場合には、現地の観光や移動で予約が必要なものがありますので予め調べて手配しておきましょう。
個人旅行の場合には到着時間、泊数など再度先方とチェックしておきましょう。

現金 (日本円と現地の通貨)
日本国内で少し換金していった方が、現地に着いてから慌てなくて済みます。

クレジットカード
海外ではクレジットカードが1枚あると便利。海外で使用可能なカードが確認しておきましょう。また、出発前に限度額の確認も忘れずに。
また、新規にクレジットカードを作成する場合は審査期間がありますので1か月前から用意しましょう。

トラベラーズチェック
万一の紛失に備え、必ず番号は控えておくこと

ビザ
渡航先によってビザがないと入国出来ないこともあります。旅行会社で代行してくれますが、個人の場合には在日大使館・領事館に自分で申請する必要があります。
出発日3~4か月前には準備しましょう。

国際免許証
現地で運転する場合に必要です。出発日3~4か月前には準備しましょう。
ちなみにハワイは日本の運転免許証で運転できます。

海外療養費申請書類
旅行中に病気やけがをした場合、高額な治療費を請求されるので必ず加入しましょう。パック保険だと高くなりがちなので必要な項目だけ選んでかけるとお手頃な価格になります。旅行会社や保険会社、空港でも加入可能です。クレジットカードに海外療養費関係の項目が付帯されている場合には補償範囲を確認しておきましょう。


>その他の持ち物