九品目(きゅうひんもく)|ブライダル用語(結婚式・披露宴編)なら結婚SANKAナビ

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 知っておきたいブライダル用語
  4. > 九品目(きゅうひんもく)
九品目(きゅうひんもく)|ブライダル用語(結婚式・披露宴編)なら結婚SANKAナビ

更新日:2016年06月16日

九品目(きゅうひんもく)

九品目(きゅうひんもく)

結婚を決めたカップルがそれぞれの両親に結婚の報告を兼ねて訪問すること。

・目録(もくろく)
結納品の内容明細を毛筆で列挙した書面のこと。

・長熨斗(ながのし)
干したあわびを薄くのばした(のした)もの。熨斗鮑(のしあわび)は長寿の象徴とされている。

・御帯料(おんおびりょう)
昔は婚家から嫁ぐ側に結婚準備として帯を贈ったが、現在では結婚準備金としての結納金を指す。

・勝男武士(かつおぶし)
「強い男」の象徴として、または「元気な子供を産み育てるように」との願いが込められ、おめでた言葉で目録に書かれる。

・寿留女(するめ)
女性の久しい幸せを願って縁起物としておめでた言葉で結納品目録に書かれる。

・子生婦(こんぶ)
かめばかむほど味が出る夫婦となり「子孫繁栄」を願った縁起物としておめでた言葉の当て字で結納品目録に書かれる。

・友白髪(ともしらが)
白い麻布で「共に白髪になるまで長く添い遂げよう」という意味を込めた縁起物としておめでた言葉で結納品目録に書かれる。

・末広(すえひろ)
白い扇子を1対(2本)にしたもの。扇子には福を招き、「末広がりに幸せに」という意味。また白い扇子は「純潔」「潔白」という意味もある。

・家内喜多留(やなぎたる)
昔は結納の際、樽酒でもてなしたことから。現在は転じて酒代としての金品を指し、結納金の1割程度を用意することが多い。

結納は男性側が女性宅を訪れて行うのが一般的

結納は男性側が女性宅を訪れて行うのが一般的

結納は男性側が女性宅を訪れて行うのが一般的。両家が納得していれば、料亭の座敷、レストランの個室でもいい。この場合は、予約の際に結納であることを伝えよう。お店によっては、結納にふさわしい部屋を用意してくれたり、おめでたい席にふさわしい料理にしてくれたりする。

>結納の形