ウェルカムスピーチ|結婚式のマナーなら結婚SANKAナビ

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 結婚式のマナー
  4. > ウェルカムスピーチ
ウェルカムスピーチ|結婚式のマナーなら結婚SANKAナビ

更新日:2016年03月23日

ウェルカムスピーチとは

ウェルカムスピーチとは

今や定番ともなりつつあるウェルカムスピーチ。
ウェルカムスピーチとは、披露宴の初めに新郎が行う挨拶の事です。ウェルカムトークともいいます。かっては、披露宴の最初の挨拶は媒酌人が行うのが一般的でしたが、最近は媒酌人を立てないケースも増えています。そのため、披露宴の最初の挨拶を新郎が行うウェルカムスピーチが多くなりました。

ウェルカムスピーチはいつ行う?

ウェルカムスピーチはいつ行う?

ウェルカムスピーチは、新郎新婦がメインテーブルに着いた後、司会者の開宴の挨拶に続いて行います。二人のために出席してくれた招待客への感謝の気持ちと、おもてなしの心を伝えます。披露宴の始まりは、新郎も緊張していることと思いますが、自分らしい素直な気持ちで感謝と喜びの気持ちを伝えることで披露宴の雰囲気も和み、招待客からの反応も良いものになります。

ウェルカムスピーチの内容

ウェルカムスピーチの内容

ウェルカムスピーチの内容は
『①招待客への御礼の言葉②結婚の報告③締めの言葉』の構成で考えましょう。難しい言葉を無理に使う必要はありませんので、親しみを込めた言葉で1~2分くらいを目安に簡潔な内容になるよう意識して。

ウェルカムスピーチの文例

ウェルカムスピーチの文例

本日はお忙しい中、私達二人の結婚披露宴にご出席頂きました誠にありがとうございます。先程〇〇(式場名)で、皆様に見守って頂いている中、無事結婚式を挙げ夫婦となりました。二人とも大変うれしい気持ちでいます。
本日は日ごろお世話になっている皆様をお招きして、この席を設けさせて頂きました。短い時間ではありますが、お開きまでおくつろぎ頂き、楽しんで頂ければと思います。よろしくお願い致します。

ウェルカムスピーチのひと工夫

ウェルカムスピーチのひと工夫

ウェルカムスピーチでは、招待客への感謝の気持ちを伝えるのはもちろんですが、披露宴のテーマや招待客にどんな風に披露宴を過ごしてほしいかということを伝えましょう。演出のみどころや、披露宴全体のコンセプトを伝えるのもオリジナリティが出ておすすめ。