結婚式のご祝儀の目安と使い道|結婚にかかるお金なら結婚SANKAナビ

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 結婚にかかるお金
  4. > 結婚式のご祝儀の目安と使い道
結婚式のご祝儀の目安と使い道|結婚にかかるお金なら結婚SANKAナビ

更新日:2016年04月10日

ご祝儀の金額

ご祝儀の金額

ご祝儀の金額は相手の立場や年齢、地域などで異なってきます。招待客の人数と関係性をリスト化し、ご祝儀の予算を立ててみましょう。そして、おおよその相場を確認しておいて、使い道などについて二人で話し合っておきましょう。

立場によって異なるご祝儀の額

立場によって異なるご祝儀の額

友人:3万円
上司:3.9万円
親族:6~10万円
恩師:3~5万円

上記で分かるように、親族からのご祝儀相場は高額になる傾向があります。つまり親族を多く招待すれば、その分ご祝儀は増えますが、その分引き出物を豪華にするなどの配慮も必要になってくる場合もあります。また、中には少な目の方もいますので、あまりご祝儀を当てにし過ぎるのは禁物です。

地域によって異なるご祝儀の額

地域によって異なるご祝儀の額

石川県、福井県、富山県のご祝儀の額は比較的高額なイメージ。
但し遠方からいらっしゃる招待客もいらっしゃいます。
ご祝儀は、地方によって相場が異なりますので、その招待客が済んでいる地域の相場に合せて包んで下さることも考えられます。

■関西
友人:3万円
上司:3~5万円
親戚:7万円
恩師:3~5万円

■北海道
友人:2.5~2.8万円
上司:3~4万円
親戚:5万円
恩師:3~4万円

■東海
友人:3万円
上司:3.8万円
親戚:6万円
恩師:3~4万円

■九州
友人:2.5~2.8万円
上司:3~4万円
親戚:5万円
恩師:3~4万円

■四国
友人:3万円
上司:3~4万円
親戚:6~7万円
恩師:3~4万円

結婚式のご祝儀の使い道

結婚式のご祝儀の使い道

結婚式の費用をどのように分担したかで、ご祝儀の使い道は変わってきます。事前に二人で話し合って決めておくことがトラブルを防ぐコツ。
親に費用を負担してもらった場合は、ご祝儀は親に渡すのが基本。「二人の新生活に使いなさい」と言われたら、有難く受け取りましょう。

結婚式全体でかかる費用

結婚式全体でかかる費用

結婚式・披露宴にかかるお金
結婚費用は、大まかに分けると①婚約費用(結納・記念品など)、②結婚式・披露宴の費用、③新生活の費用、④新婚旅行の費用の4つに分けられます。…>続きを読む

結婚費用分担の方法と節約のポイント
結婚費用については、二人だけで賄う場合も両親からの援助を受ける場合でも、どれだけの費用がかかり、新郎と新婦それぞれでどの程度分担するかは事前にしっかりと話し合っておくことが必要です。二人の貯金をベースにして…>続きを読む

結婚費用トラブル事例
結婚式は二人、そして両家が合同で行うもの。結婚式にかかった全ての費用を両家それぞれのゲスト数も関係なくしっかり折半する方法や…>続きを読む