婚姻届の書き方|婚姻届の書き方なら結婚SANKAナビ 

福井・石川・富山で挙式予定のカップルのための結婚準備情報サイト
  1. 結婚SANKAナビTOP
  2. 結婚準備ガイド
  3. 新婚生活の基礎知識
  4. > 婚姻届の書き方
婚姻届の書き方|婚姻届の書き方なら結婚SANKAナビ 

婚姻届の書き方

婚姻届の書き方

婚姻届の提出は、法的に夫婦として認められるためには必要な手続きです。
婚姻届の書き方には、いくつかの決まりごとがありますので、失敗がないように、この機会にしっかり把握しておきましょう。

■日付

■日付

記入日ではなく、婚姻届けを提出する日付を記入。戸籍に婚姻日として記載されるから、こだわる人も多いはず。

■氏名

■氏名

旧姓で記入。戸籍謄(抄)本と同じ漢字を使用して。

■住所

■住所

結婚前の住民票のある現住所を記入。ただし、婚姻届と一緒の転居・転入届を提出する場合は新しい住所を記入して。

■本籍

■本籍

結婚前の本籍地と、戸籍の最初に記載されている人の名前を記入。

■父母の氏名・続柄

■父母の氏名・続柄

父母が結婚している場合は、母親の氏の記入は不要。続柄は、長→二→三→四と続く。

■婚姻後の氏、本籍

■婚姻後の氏、本籍

「夫の氏」か「妻の氏」かいずれかにチェック。本籍地は日本国内であればどこに設定してもOKだが、書類の取り寄せを考えると新住所や実家にしておくのが無難。

■同居を始めたとき

■同居を始めたとき

結婚式を挙げた日、同居を始めた日、いずれか早い方を記入。どちらもまだの場合は空欄にする。

■初婚・再婚

■初婚・再婚

初婚か再婚かをチェック。再婚のときは、離別・死別の日付も記入。

■同居を始める前の夫婦それぞれの世帯の仕事

■同居を始める前の夫婦それぞれの世帯の仕事

6つの分類の中から、当てはまる項目にチェック。

■その他

■その他

未成年が婚姻する場合は、父母(養子の場合は養父母)の署名・捺印が必要。

旧姓で必ず本人が署名・捺印を。二人の婚姻前の姓が同じ場合は、違う印鑑を用意すること。ここで押した印が訂正印になるので、記載ミスに備えて窓口に持参して。