1. 結婚SANKAナビTOP>
  2. 北陸で結婚式場を探す>
  3. 軽井沢プリンスホテル フォレスターナ軽井沢>
  4. お客様の声

ゲストハウス

カルイザワプリンスホテルフォレスターナカルイザワ 軽井沢プリンスホテル フォレスターナ軽井沢

軽井沢プリンスホテル フォレスターナ軽井沢のお客様レポート

Kazutoさまさん
Erikaさまさん
2015年7月挙式

快晴☀初夏の避暑地軽井沢でプールやバルーン HAPPY SUMMER Wedding♪

ココが決め手!

ふたりの地元が長野県と群馬県、両方のゲストが集まりやすいように中間地点の軽井沢で結婚式をあげたい!と探した結婚式場がフォレスターナ軽井沢でした。パンフレットの請求をして見た「風の教会」の雰囲気に一目惚れして、実際の式場見学で光の採光とバージンロードの美しさに「結婚式をあげるならここしかない!」と思うほど「風の教会」がお気に入りになりました。挙式当日はパーティーのお開きまで初夏の快晴に恵まれ、チャペルの窓からの生き生きとした輝く光の中で挙式をあげることができとても感動しました。しんみりとした式よりも笑顔のある挙式にしたいという思いがあったので、牧師先生がとても明るくチャーミングな方に司式していただけて嬉しかったです。

感想

プールの付いているガーデンだったので、クイズの後はみんなでプールに向かってバルーンをリリースしました。次々に青空に吸い込まれていく色とりどりのバルーンの様子が今でも鮮明に記憶の残っています。美しい自然や青空、光に映えるドレス、キラキラ輝くプールなど、どの写真を見返しても「綺麗だったね」と好評でした。ガーデンでのイベントはふたりからのクイズを提案♪ゲスト参加型のイベントで○×でからだを動かしながらクイズに答えてもらい大盛り上がりでした。また、ふたりで手作りしたムービーやゲーム、サプライズ演出もどれも楽しく、ずっと座っているだけでなくガーデンでからだを動かしたりするなどみんなが笑って過ごせる結婚式だったね、と言ってもらえました。 お料理はご年配のゲストも多かったので「美味しいものを食べてもらいたい!」という思いもありました。ブライダルフェアで試食したお料理が美味しかったので、ゲストにも自信を持って食べてもらうことができました。 結婚式は今まで支えてくださった方々の笑顔が見れる機会でもあり、感謝を伝えられる貴重な機会なので、自分たちのためだけではなく招待したゲストのみなさんのためにも結婚式をして本当によかったと思います。結婚式の準備中は演出のことばかりに気を取られてしまっていたのですが、ずっと残る写真を美しいロケーションで撮影して想い出の品になったので軽井沢でのウエディングは本当におすすめです!

Nさまさん
Nさまさん
2015年9月挙式

少人数だってこだわりを!「大好きな可愛い」が詰まったお手本にしたいウエディングin軽井沢

ココが決め手!

最初は都内で開催している軽井沢ウエディングの合同フェアに参加しました。実際に軽井沢へ会場見学に来た際、風の教会とシルール会場の雰囲気が自分の思い描いていたエディングのイメージと合い、ここなら理想のウエディングが叶う!と思えたことや、都内での相談会から現地の見学まで担当してくれたプランナーさんが親身になって話を聞いてくれ、私の好みを把握してくださり色々提案してくれたことも式場の決め手になりました。 合計3回ある打合せのうち、初回と最終の打合せを品川サロン、2回目の打合せは軽井沢で行ったのですが連携・引継ぎもスムーズで助かりました。相談会から品川での打合せ、そして挙式当日まで軽井沢のプランナーさん、品川サロンのプランナーさんには本当にお世話になりました。色々なアイデアを提案してくださったり、要望にはすべて応えていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。挙式前日にウェルカムスペースや会場内の飾りつけをプランナーさんと一緒にできたのも良い思い出です♪

感想

パーティーは食事がメインのアットホームな会食スタイルだったので、ふたりもゲストと一緒にゆっくりお食事ができました。パーティー中に料理長から料理の説明をしてもらい、当日のゲストの感想も大好評でした。特にお肉とフォアグラは絶品でした! また、結婚式当日はウエディングドレスとカラードレスを着て、和装を着ることがなかったので白無垢姿で前撮りをしました。前撮りで撮影したフォトはガーランドにして会場内のウェルカムアイテムとして飾り、当日のドレス&タキシード姿しか見ることができなかったゲストにも喜んでもらえました。ガーデンもついている会場だったので、パーティーの後半はゆっくりとみんなで写真を撮るなど話したり一緒に写真を撮ったりして過ごせました。家族だけの少人数ウエディングだったので、料理もゆっくり食べられて写真も一緒にたくさん撮れて良い思い出になったと言ってくれました。 招待した家族も新郎新婦のふたりもみんな軽井沢に一泊し、初秋の爽やかな軽井沢で家族旅行を兼ねられたことを喜んでいました。宿泊施設も式場と同じ敷地内にあるのでとても便利です。 一生に一度の結婚式は私の憧れの詰まった幸せいっぱいのものになりました。今もその幸せの余韻に浸っています。快晴の中、自然に囲まれてロケーションフォトも撮ることができ、本当に満足しています。ここで結婚式をあげられてよかったです! 打合せは品川サロンで行って、品川サロンと現地の軽井沢がきちんと連携してもらえるし、東京にいながら「リゾートウエディング」という選択をしても何も心配は要りません。 緑の中でのロケーションフォトはここでしか撮影できないと思います。美しい自然の中、美しいチャペルで挙式できる軽井沢ウエディングはとてもおすすめです。

Hirokazuさまさん
Azusaさまさん
2014年7月挙式

みんなの前で愛を誓う人前式 & 避暑地軽井沢の爽やかガーデンウエディング

ココが決め手!

知人のfacebookの挙式シーンを見てフォレスタ−ナのことを知りました。実際に見学に訪れて、都内からアクセスの良さや非日常的な軽井沢のロケーション、チャペルの雰囲気、試食時の料理の美味しさなどすべてふたりの理想通りでした。「ゲストのみんなに爽やかな夏の軽井沢を楽しんでもらえる」と思えたことも夏の軽井沢で挙式をするポイントに。挙式披露宴は午後からだったので、午前中はふたりで軽井沢町役場に婚姻届を提出してから挙式披露宴を迎えました! 挙式は一体感のある挙式にしたかったので「ブーケ・ブートニアの儀式」を人前式に取り入れました。新郎入場の際にゲストからガーベラを一輪ずつ集めて「おめでとう」と声をかけてもらいながらみんなに参加してもらうセレモニーになりました。ブーケにしたものを新婦が受け取るプロポーズ。ゲストのみなさんにも参加してもらったセレモニーや両家の父に承認のサインをもらったりと、本当に心温まる式になりました。

感想

東京・千葉に住んでいるゲストも多く、リゾートでの結婚式はゲストの負担になるかも?と心配していましたが都内から1時間で別世界に来られ、避暑地軽井沢の爽やかな夏を感じながらみんなにリラックスして楽しんでもらえました。 「軽井沢に来た事が無かったので、出席するのが楽しみだった」 「緑に囲まれて気持ちよかった」 「式の後も宿泊や翌日のショッピング、観光なども楽しめた」 「コテージの宿泊もリゾートを楽しめてとても良かった!招待してくれてありがとう!」と喜んでもらえました。 見学の際に担当してくださった方の対応がとても良く「理想の結婚式が叶えられる!」と思ったので、見学当日に結婚式場を決めました。打合せも3回、頻繁にメールでやり取りをして不安無く当日を迎えることができました。軽井沢は国内リゾートなので大切な家族や友人たちと旅行に来られ挙式・パーティー・宿泊、すべてが夢のような時間でした。非日常的で緑いっぱいの軽井沢で大切なゲストにも喜んでもらえ今までお世話になった方へ宿泊をプレゼントもできたりとみんなで共有できる想い出がつくれとても良かったです。

Naokiさまさん
Michikaさまさん
2015年4月挙式

春爛漫♡軽井沢ウエディングを品川サロンで打合せ!スマートウエディング♪

ココが決め手!

都内に住んでいるのですが、都会では絶対にできない広大な敷地の中の大自然でのフォト撮影はふたりのウエディングテーマでもありました。チャペルの奥に広がる風景が素晴らしく、自然の中でウエディングフォトが残せそうなところが式場決定のポイントになりました。ガラスのバージンロードに敷き詰められたかわいらしいお花がとても綺麗で他にはないところも決め手に。また、新婦は子どもの頃から訪れていた軽井沢での結婚式で両親にもよい想い出をプレゼントできるので、軽井沢での挙式は検討していました。

感想

品川サロンのプランナーさんを通して、想い通りの式を行う事ができました。また、都内で打合せができたこともとても助かりました。打合せに足を運ぶ回数も少なくて済んだので、集中できてよかったです! また、結婚式当日もヘアメイクもふたりに似合うスタイルを提案してくれたり アテンダーさんも挙式、披露宴とよい動きをしてくれ、ドレスを着ていても動きやすかったです。 お料理に関しては結婚式場見学の際のブライダルフェアで試食をしたのですが、そのお料理が美味しかったことも式場決定の決め手になったくらい。実際に召し上がっていただいたゲストからは「量も質も満足のいくものだった」や新婦の友人からは「量がたっぷりで最後のスイーツにはチョコレートもあり、とても美味しかった!」とお声をいただきました。特にパイ包みのスープは好評でした!

Seiさまさん
Mizukiさまさん
2014年6月挙式

準備期間は1ヶ月!家族とわんちゃんとワンだふるウエディング!

ココが決め手!

地元は長野県と千葉県なので、両家の中間地点、という点でも軽井沢のリゾートウエディングを選択しました。式場の見学に訪れた際の真っ白で可愛らしい「風の教会」の雰囲気に魅了され、挙式当日まで1ヶ月で迎えた結婚式でした。 愛犬とのロケーション写真が撮れるのも嬉しい点でした。私有地の広さも「写真を撮ったらきっと素敵なウエディングフォトになる!」と思えたポイントです。初夏の軽井沢は青々とした芝生と晴れ渡った青空がとても心地いい時間を過ごせました。 また、とにかく教会が素敵なところが結婚式場決定のの決め手に。バージンロードのお花、暖かな光の差し込む白いチャペル、そしてまわりの青々とした芝生、どれも私の希望通りで、初めて見た時は思わず感動してしまいました。

感想

軽井沢の良いところは程よいリゾート感です。都心からそれほど遠くはなく、でも自然に恵まれていて、日常とは違う雰囲気を味わえます。そして何と言っても息を飲む程素敵な教会。実は私たちは最初は「結婚式はあげなくてもいいかな」…と思っていたのですが風の教会を見た瞬間、「ここで結婚式をあげたい!」と思っていました。担当してくれたプランナーも些細な事にも答えてくれ、ぼんやりとした決まっていない私たちをスタッフみんなが優しくフォローしてくれました。約1ヶ月の準備期間でしたが、ぼんやりでもわがままでも、プランナーに相談することで希望へと変わっていき式の後は幸せに包まれていました。スタッフの皆さんがとても優しく楽しく、サポートも万全で本当に一生の想い出の結婚式になりました。

Fumiakiさまさん
Akemiさまさん
2015年5月挙式

平日1日1組限定*テーマはNatural & Casualな軽井沢ウエディング

ココが決め手!

新郎が幼い頃から軽井沢に度々訪れていて好きな場所だったこと、新婦の親族のご高齢の方のことも考え、地元に近い軽井沢を選びました。周辺の景色もホテルの私有地の中にあり、民家などが目に入らず、非日常を演出できたり、広々したガーデンで思い描いたパーティーができそうなこともポイントになりました。挙式をした「光のチャペル」からはどこまでも広がる自然がとても綺麗に見え開放感と軽井沢ならではの景色を望みながら挙式をすることができました。5月の軽井沢は緑が芽生える新緑の季節で、風にそよぐ緑も気持ちよく、結婚式の1日がより思い出に残る式になりました。牧師先生の言葉はとても温かく、緊張が次第にほぐれて穏やかな気持ちで式を執り行うことができました。 フォレスターナ軽井沢には1日1組限定の「プレミアムウエディングプラン」があり、それが何より魅力でした。遠方のゲストも多かったので、私たちの結婚式のためにスタート時間をゲストの都合に合わせて自由にアレンジできたり、平日水曜日の挙式のため、日帰り可能な時間に設定できたことがとても助かりました。これは1日1組限定だからこそできることだと思います。

感想

来ていただいたゲストには楽しんでもらいたかったのでバルーンリリースやデザートブッフェなど、みんなが参加して楽しめるイベントやゲストと触れ合えるイベントを多く取り入れました。ゲストひとりひとりに直接感謝の気持ちを伝えたかったので、スピーチや余興を省き、すべてガーデンでゲストと触れ合う時間にあてました。また、どうしても取り入れたかった馬でのサプライズ再入場!馬との写真撮影は小さなお子さまにもとても喜んでもらえました。軽井沢だからこそできる演出なので、本当にやって良かったです! 青空の下、パラソルを広げてデザートブッフェをみんなにふるまう時間もひとりひとりに「ありがとう」を伝えられる貴重な時間でした。 一般的なパーティーの進行とは違った披露宴に最初は「これで大丈夫だろうか?」と不安もありましたが、勤務先関係の方や親族、友人それぞれから「楽しかった!」「お料理が美味しかった」と嬉しい言葉を直接聞かせてもらうことができました。 遠方からのゲストに合わせたスケジュールや、どうしたら楽しんでいただけるかなど、リゾート婚ならではの悩みもたくさんあった私たちですが、担当プランナーさんとの打合せや各スタッフの方々のサポートで不安はすべて解消することができました。軽井沢という場所で挙式できたことは忘れられない思い出になりました。

Junichiさまさん
Yokoさまさん
2015年4月挙式

[軽井沢 もみの木神殿]軽井沢で和の心香るリゾート神前式*

ココが決め手!

「昔から軽井沢で結婚式をしたい」と願っていた新婦の夢を叶える結婚式をあげる場所として選んだ軽井沢、ということと、軽井沢で”神前式”というなかなかないスタイルやこのスタイルでどうしても挙げたい!という新婦の希望と100名を超えるゲストの人数の多さで盛大な披露パーティーになることなどもあり、すべてを叶えられる場所として選んだのが軽井沢プリンスホテルでの挙式と披露宴でした。また、池や緑に囲まれた自然の中に佇む「もみの木神殿」をとても気に入ったことが挙式をこちらであげるポイントになりました。神殿に向かうまで、雅楽の音色が響く中、宮司と巫女とともに朱色の傘を差してお参進をしたこともとても良い思い出です。これから結婚式をするんだ、という心地いい緊張感に包まれました。親族の控室は同じホテル内だったのですが、緑や池が近くにあり、控室から”野リス”が見えたそうで、天気も良く本当に素敵な場所だと私たちの両親も感激していました。日常から離れて、昔からの”日本人の結婚式”ができたことが本当に良かった。チャペルでの挙式も素敵ですが、日本人らしい”神前式”がもっと増えればいいのにな、なんて思いました。 衣裳は昔からのスタイル、"The 昭和のなお嫁さん"を目指したので、白無垢に角隠しは夢が叶った瞬間でした。色打ち掛けもとても気に入ったもので、かつらやかんざしも着物に合う物を提案してくださりました。新郎も古典の紋付袴がよく似合っていたと大好評でした! また、披露宴のお色直しで着たウエディングドレスはマリー・アントワネットのようなクラシックなタイプが好みだったのでオフショルダーにロングスリーブの光沢感のある気に入るドレスを運命の一着に選びました。ヘアスタイルもオードリー・ヘプバーンをイメージしてヘアメイクさんにセットしていただき、ゲストの方からも「女優さんみたいだった」「オードリーみたいだったよ」と言ってもらえてとても嬉しかったです。

感想

プランナーさんはとても感じが良く、次々と色々な演出や企画を提案してくださり、無理だと思われるようなお願いもにこやかに検討してくださいました。 打合せの際もひとつひとつ丁寧にいつも快く前向きにタイプしていただき、本当に感謝しています。頼りっぱなしで当日まで本当によくしてくださいました。”私たちのお母さん”でした。早い段階(挙式の9ヶ月前)から準備を進めることができたので慌てずに済みました。プランナーさんにも早めに準備を進めたいことを予め伝えていたので先々に色々と案内していただけとても助かりました。挙式当日のヘアメイクさんもかつらが重いので、肩が凝ってしまったのですがそこをずっとマッサージしてくれ、できるだけかんざしを間際で刺すなどご配慮いただきました。心から感謝しております。 予算もあると思いますが、結婚式はあげるべき!と思います。 様々なスタイルがありますし、工夫すれば予算を抑えることもできます。 私たちは”4月”に”軽井沢”で”神前式”というあまり一般的ではないスタイルで結婚式をしました。 夏ではなく春に昔からの夢である軽井沢で、しかも神前式でしたが、4月の宿泊の特典があったり、ロケーションは緑で天気も快晴に恵まれました。(2015年4月当時) 4月から子どものゲストの料理や飲み物が無料になる「ウエディングキッズフリープログラム」が始まっていたり、1年後も宿泊招待券で思い出のホテルに泊まれたりなど優待が受けられる菊華会というホテルオリジナルの会員組織のアフターサービスも充実しています。 ゲストも軽井沢!プリンスホテル!と楽しみにして来てくれ、実際楽しんで帰ってくれました。

Shunさまさん
Chihiroさまさん
2014年10月挙式

大好きな軽井沢 東京⇔石川の遠距離で叶えたリゾートウエディング♡

ココが決め手!

「『光のチャペル』を初めて見学したときにすべてガラス張りで景色が一望でき、バージンロードの光がとても綺麗で一目惚れしました」と新婦さま。 東京と石川で遠距離恋愛だったふたり。結婚が決まってからは仕事の忙しい新郎に代わって新婦がお母さまと一緒に式場探しをはじめました。挙式の舞台に選ばれたのは大好きな自然豊かな軽井沢。式場見学時は雪の降る季節だったのが、挙式当日は秋の景色が広がる美しい風景とチャペルの中で挙式をすることができました。 挙式のリハーサルの前にカメラマンと一緒にチャペルの外に広がる自然の中でロケーション撮影ができたのもとても良かったです。たくさんのロケーション写真を撮ることができました。

感想

結婚式のテーマは「家族総出演」でした。ウエディングケーキは結婚証明書を模したBOOK型のケーキにして、結婚証明書と同じ英文を左ページに。空白の右ページにはサプライズで両家の母にふたりの名前をチョコペンで書いてもらい、ウエディングケーキが完成しました!パーティールームと隣り合わせたプライベートガーデンでのケーキ入刀シーンは友人たちもシャッターチャンスとばかりにたくさん写真を撮ってくれました。 お色直しの退場も両家のおばあちゃんと仲良く退場したり、家族にスポットライトが当たる演出に。新郎のこだわりはプロフィールDVDに込めて、大好きなMr.Chirdrenのライブ演出を真似てパーティーにプロフィールDVDとして取り入れました。 スクリーンにおふたりの生い立ちが流れるなか、それぞれのテーブルへキャンドルサービスをして、よりロマンチックな雰囲気になりました。 さらにカラードレスは新郎の好きな爽やかな水色のドレスを選びました。プリンスホテルオリジナルデザインで、ふたりの雰囲気やパーティー会場の雰囲気にもマッチしてゲストからもとても好評でした。 大好きな軽井沢でみんなに祝福してもらいとても幸せな式になりました。 招待したみなさまも「いい式だった」「楽しかった!」と言ってもらえ、とてもよかったです。結婚式の準備や宿泊の手配など、早め早めが大切です! 打合せもリゾートウエディングということで遠方だったので、回数を少なく調整してもらったりと、とても助かりました。結婚式の打合せはふたりの事情に合わせてスケジュールを組んでもらうことが大切だと思います。

Hirokiさまさん
Yurikaさまさん
2015年5月挙式

陽春の軽井沢で親族だけのあったかウエディング 料理にこだわる結婚式 -weekday wedding-

ココが決め手!

5月の金曜日の結婚式。親族のみだったので、旅行気分で来られる軽井沢で また、みんなでコテージに泊まれるというのも決め手になりました。 式場を探しはじめたときブライダル情報誌で見つけた「光のチャペル」を一目で気に入りました。実際にブライダルフェアに参加してチャペルを見学しましたが、想像以上に素敵で。また、バージンロードがガラス張りになっており、季節に合わせて変わるバージンロードのお花も、5月の春のお花が私好みでとても嬉しかったです。チャペルから見える景色、母と歩いたバージンロード色々なことが良い思い出になりました。 挙式はキリスト教式で外国人の牧師先生による司式と聖歌隊の賛美歌、オルガンの生演奏が響き渡り、軽井沢の新緑を眺めながら感動的な挙式になりました。 挙式当日は曇りの予報でしたが、天気にも恵まれ最高の景色をバックに挙式をあげることができました。式場やチャペルの周辺にはロケーションフォトスポットがたくさん!ウエディングドレス、タキシード姿で芝生を歩きながら自然体で撮影することができました。 また、金曜日の挙式にしたことで結婚式後はみんなでコテージに宿泊し次の日は軽井沢のプチ旅行を満喫することができたことが家族にとっても良い思い出になりました。

感想

親族のみの少人数での結婚式だったので、とにかくゲストにお料理を楽しんでもらうことをテーマにしていました。ゲストの好みに応じてメニューを選べるプリフィックススタイルも気に入りました。ブライダルフェアで試食したお料理がとても美味しく、こちらの会場に決めました。それくらいお料理は美味しかったです。ゲストにはお肉料理を食べられない方がいたのですが、代わりのお料理を用意していただき、そのお料理もとても美味しかったと好評でした。 味、量、ともにゲストの皆さまから「大満足!」と言ってもらうことができました。会食中には料理長からのメニューの説明をしてもらいフルコースを五感で感じながら楽しむことも。ひとつのテーブルをみんなで囲んで「美味しいね」と言いながら同じ料理を食べる幸せを感じました。 打合せで不明な点や気になったことなどメールで何度もやり取りをしましたが、とてもわかりやすく丁寧に回答してもらえ不安なく当日を迎えることができました。パーティーもスタッフのみなさんが要所要所で声がけをしてくださり、普通の会食会になると思っていたものがとても素敵な披露宴になりました。 最後にスタッフのみなさんが快く写真を一緒に撮ってくれ、とても嬉しかったです!

Shuichiさまさん
Yokoさまさん
2015年4月挙式

長野と沖縄!ふたりの愛する地元を料理やお色直しにも取り入れたこだわりウエディング♪

ココが決め手!

都内や沖縄など遠方からもゲストが多かったため、ゲストが滞在できる宿泊施設が十分にあること、近くにショッピングモールもあり、滞在してくれたゲストが軽井沢を楽しめることが結婚式場の決め手になりました。結婚式だけではなく、その後も楽しんでもらえるように仲のいい友人同士はコテージに宿泊できるようにしたりと結婚式前後のみんなの滞在にも工夫をしました。 長野県と沖縄県をテーマにした結婚式を考えていたのでそれに対する衣裳のことや、お料理でオリジナリティを出せそう、と思えたこともポイントになりました。実際にお色直しでは沖縄の伝統衣装を着たり、お料理で地元の食材を取り入れることができました。また、会場見学の際に案内してくれたプランナーさんと意気投合して、相性の良さを感じたことも決め手になったと思います。

感想

新婦の地元である沖縄の伝統衣裳 ”琉装”をお色直しで着たい!という希望は式場探しのときからずっと抱いていました。琉装をレンタルできるドレスショップを探すのに苦労しましたが、見つけることができて一安心しました!長野出身の新郎も同じ衣装を着てお色直しの再入場をしたのですが、新郎はビールサーバーを背負って、新婦はビールのおつまみになるように沖縄のオリオンビールのおつまみをゲストひとりひとりに配りながらテーブルラウンドをしました。おつまみとビールは大盛況でした! また、パーティー中のお料理にも出身地のこだわりを取り入れたくて、新郎の実家産のお米や、沖縄の海ぶどうを取り入れたお料理をシェフにオーダーしました。ゲストからも「美味しかったよ!」と味も好評でした。 軽井沢駅からのアクセスの利便性や滞在できるホテルが同じ敷地内にあること、ショッピングモールなども含めた周辺のアクティビティなど、遠方からのゲストを招待しても退屈しない、旅行気分で足を運びたいと思える場所が軽井沢であり、フォレスターナ軽井沢だと思います。 また、軽井沢は町の景観保護の条例で夜のお店は早めに閉まってしまうところが多いので二次会をなどはホテルのバーやレストランでふたりが主催しておもてなししたり、コテージでみんなで賑やかに楽しむのがおすすめです!